テストマーケティングとは

テストマーケティングは、新しい製品やコンテンツなどを市場全体にリリースする前に、特定の商圏に限定して試験的に導入することを言います。これにより実際の売上や販売を予測できることや、製品力や市場の反応をよりリアルに集計できるメリットがあります。
特定の商圏とは主に、地域の生活レベルが全国平均に近い地域が選ばれる傾向にあり、日本では広島県や静岡県がその代表です。一方で製品やコンテンツのコンセプト次第では、最も正確なテストができるであろう地域が選ばれます。例えば冬向けの製品を夏の北海道や青森県を対象にテストしてみたり、夏向けの製品を冬の沖縄県でテストしてみるのも典型的な実例です。

しかしテストマーケティングは難易度が高くコストも掛かることから、近年ではあまり実施されなくなっている特徴があります。まず試験的に限定した商圏にとはいえ、正式なリリース前に一旦市場に出してしまうことでライバル企業などに情報を知られてしまいます。それを意識してテストマーケティングの期間を短縮したとしても、今度はその分で必要なデータを集めるのが難しくなり、失敗に終わるリスクが高まるのです。

テストマーケティングには大きな宣伝効果も伴うので、上手くいけばとても有益なものとなるでしょう。ですが以上のような懸念材料から、今ではそうしたテストを避けたがる企業などが多いのが実情です。いきなりテストなしに、内輪での想定だけでリリースすることも増えてきています。
インターネットも普及し情報収集がしやすくなっている現代においては、テストマーケティングという文化が衰退するのも無理はないでしょう。その代わりデータ上での製品やコンテンツに関しては、逆にインターネットの特性を用いて手軽に市場へのテストが行えるようになりました。今後はこのような角度から、テストマーケティングが発展していく可能性も考えられています。インターネットも立派な商圏の1つですから、これから注目しておくといいでしょう。