ブランドマーケティングとは

商品がたくさん売るための販売戦略としてマーケティングの手法が活用されていますが、その内の一つにブランドマーケティングという分野が存在します。基本としては一般の販売戦略と一緒ではあるものの、その市場にまだ存在しない、新しい商品の選択手段を作り上げることを目的に取り組む手法です。

ホームセンターや食料品売場、家電量販店などでしばしば見られるものとして、似たような種類の商品がたくさん並んでいる場面が多く存在します。顧客から見て、どのメーカーの商品も同じような価格帯で機能を持っている場合に、どれを選んでも同じであることから、単純に価格が安いものだけを購入する傾向が強くなってきます。
ブランドマーケティングの場合だと、単純な価格競争の枠にとらわれることなく、他の商品にはない魅力的なデザインや機能を持つことで、ファンを増やしたり注目度を高めたりして、収益の拡大を目指すようにするのが特徴的です。
商品自体の魅力ばかりでなく、その商品を持つことによって、便利なアフターサービスや優待を受けるなどのメリットが発生することも、商品価値を高めるのに役立ちます。色々と組み合わせることで様々な可能性を引き出せるのが、この販売戦略のユニークな部分だといえるでしょう。

例として、スマートフォンやOSでよく知られるアップルの製品があります。他のスマートフォンやパソコンとは違い、自社以外のメーカーでは製造販売できない機種とOSを作ることで、ブランド力を高め、多くのファンを獲得しています。
今までなかった商品を提供するのも、この販売戦略を行う上で重視したい部分です。食品や日用品、家電製品など、これまで常識であった機能や役割だけでなく、別の使い方や役割をもたせることで差別化し、今ではすっかり常識に変えてしまった商品が世の中にはいくつも存在します。
成功すればメーカーの価値を高めることができるブランドマーケティングは、中小企業においてもチャンスを掴み取る手法として利用をすすめる声が聞かれます。