jimdoとワードプレス、どちらが集客に有利ですか?

両方共、ブログを作成できるCMSとして知られています。日本国内においてはワードプレスのシェアが高い傾向にありますが、Jimdoもそこそこ高いシェアを誇っており、難しい技術を持っていなくても直ちにブログを公開できるお手軽感を持っている、レンタルサーバーを別に用意してインストールする必要がないなどの特徴があります。

集客に有利なCMSで比較するなら、ワードプレスの方がやや優秀だと判断できます。ブログを使った集客の技術で重要になってくるのがSEO対策であり、自由にカスタマイズしやすいワードプレスなら様々なSEO対策がしやすいといえるからです。

だからといって、Jimdoが大きく劣るわけではありません。難しいCMSを使うよりは、使い方が簡単なこちらのCMSを使ったほうがブログを長く管理しやすくなり、将来的に集客に結びつくことも少なくないからです。
注意したいのが、無料版のJimdoを使う場合です。無料版であれば余計なコストをかけることなく、誰でも気軽に始められるものの、SEO対策がし難い仕様になっていますので、有料版で運営するのがおすすめです。
本格的にSEO対策をしたいならワードプレスを選択しましょう。日本での利用者がたくさんいるため、使い方に困った場合でもウェブで調べれば解決策がたくさん見つかるのがメリットです。

あまりブログのメンテナンスに時間を掛けられない場合にはJimdoの有料版を、定期的にメンテナンスができ、カスタマイズの知識があるなどの一定水準以上の立場ならワードプレスを利用したいところです。
ウェブ検索からの集客については、どちらのCMSを使ってもあまり差は見られません。それよりもためになる魅了的なコンテンツをたくさん投稿することが、集客には最も大切なことです。集客が見込めないときには安易にCMSを変更するよりも、コンテンツの質を見直してみることが改善策として役立つ場合が多くあります。

ワードプレスってそもそも何?【そもそも論(笑)】

コンピュータで作業を行う際には文書作成や計算、スライドの作成などの内容に応じて利用するソフトウェアを変更します。
ワードプレスも同一であり、元来はブログを手がけるためのソフトウェアとしてリリースされ使用されてきたのですが、用途や時代の変化により進化を遂げ、今では企業などのホームページなどでも活用されています。
そのようなシステムは2003年に公開が開始されたのですが、今では一般的であるものの、当時としてはまだ珍しいオープンソースという形式が採用されており大きな注目を集めました。

オープンソースというのは何も見返りを要求することなく、プログラムを公開するという仕組みであり、誰もが自由に手を加えても良い上に変化させたものを再度配布しても良いという仕組みです。
スマートフォン対応が迅速に行われたのもこうした仕組みが大いに関係しており、今現在も世界中のエンジニア達がニーズを汲み取り、より良いものにすべく繰り返しバージョンをアップさせています。
しかも、単にブログやスマホの画面に対応したホームページを作るだけではなく、コンテンツ管理システムという役割も担っています。

こうした点から非常に高いシェア率を有しており、海外の調査機関が行った調査によれば、世界中に溢れているホームページの27%がワードプレスで手がけられているという結果があるほどです。
さらに、コンテンツ管理システムとして画像やテキストを取り扱いしているホームページに限った場合、60%という驚異的な割合になっています。
このように大勢に方々に選ばれているということもあり、スマホの普及によって成長著しいベンチャー企業のホームページを運営する際にも採用しています。
もちろん、元々は個人が日記などを公開するために開発されたという経緯があることから、専門知識を有していなくても優れたホームページが完成させられるという恩恵が受けられます。
レイアウトに頭を悩ませることが多いスマートフォン対応も難なく完了できるのでより一層大勢の方々に見てもらえます。

テストマーケティングとは

テストマーケティングは、新しい製品やコンテンツなどを市場全体にリリースする前に、特定の商圏に限定して試験的に導入することを言います。これにより実際の売上や販売を予測できることや、製品力や市場の反応をよりリアルに集計できるメリットがあります。
特定の商圏とは主に、地域の生活レベルが全国平均に近い地域が選ばれる傾向にあり、日本では広島県や静岡県がその代表です。一方で製品やコンテンツのコンセプト次第では、最も正確なテストができるであろう地域が選ばれます。例えば冬向けの製品を夏の北海道や青森県を対象にテストしてみたり、夏向けの製品を冬の沖縄県でテストしてみるのも典型的な実例です。

しかしテストマーケティングは難易度が高くコストも掛かることから、近年ではあまり実施されなくなっている特徴があります。まず試験的に限定した商圏にとはいえ、正式なリリース前に一旦市場に出してしまうことでライバル企業などに情報を知られてしまいます。それを意識してテストマーケティングの期間を短縮したとしても、今度はその分で必要なデータを集めるのが難しくなり、失敗に終わるリスクが高まるのです。

テストマーケティングには大きな宣伝効果も伴うので、上手くいけばとても有益なものとなるでしょう。ですが以上のような懸念材料から、今ではそうしたテストを避けたがる企業などが多いのが実情です。いきなりテストなしに、内輪での想定だけでリリースすることも増えてきています。
インターネットも普及し情報収集がしやすくなっている現代においては、テストマーケティングという文化が衰退するのも無理はないでしょう。その代わりデータ上での製品やコンテンツに関しては、逆にインターネットの特性を用いて手軽に市場へのテストが行えるようになりました。今後はこのような角度から、テストマーケティングが発展していく可能性も考えられています。インターネットも立派な商圏の1つですから、これから注目しておくといいでしょう。

ブランドマーケティングとは

商品がたくさん売るための販売戦略としてマーケティングの手法が活用されていますが、その内の一つにブランドマーケティングという分野が存在します。基本としては一般の販売戦略と一緒ではあるものの、その市場にまだ存在しない、新しい商品の選択手段を作り上げることを目的に取り組む手法です。

ホームセンターや食料品売場、家電量販店などでしばしば見られるものとして、似たような種類の商品がたくさん並んでいる場面が多く存在します。顧客から見て、どのメーカーの商品も同じような価格帯で機能を持っている場合に、どれを選んでも同じであることから、単純に価格が安いものだけを購入する傾向が強くなってきます。
ブランドマーケティングの場合だと、単純な価格競争の枠にとらわれることなく、他の商品にはない魅力的なデザインや機能を持つことで、ファンを増やしたり注目度を高めたりして、収益の拡大を目指すようにするのが特徴的です。
商品自体の魅力ばかりでなく、その商品を持つことによって、便利なアフターサービスや優待を受けるなどのメリットが発生することも、商品価値を高めるのに役立ちます。色々と組み合わせることで様々な可能性を引き出せるのが、この販売戦略のユニークな部分だといえるでしょう。

例として、スマートフォンやOSでよく知られるアップルの製品があります。他のスマートフォンやパソコンとは違い、自社以外のメーカーでは製造販売できない機種とOSを作ることで、ブランド力を高め、多くのファンを獲得しています。
今までなかった商品を提供するのも、この販売戦略を行う上で重視したい部分です。食品や日用品、家電製品など、これまで常識であった機能や役割だけでなく、別の使い方や役割をもたせることで差別化し、今ではすっかり常識に変えてしまった商品が世の中にはいくつも存在します。
成功すればメーカーの価値を高めることができるブランドマーケティングは、中小企業においてもチャンスを掴み取る手法として利用をすすめる声が聞かれます。